しゃしんとスクーター 【 Photograph & My scooter 】

sonoc813ao.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 16日

2011モルディブ渡航記Ⅰ 「出発&乗り継ぎ」

行ってきました。
4年ぶりのモルディブ!
8月10日~16日の1週間(現地の実泊数は4泊)のリゾート旅行。

今回のモルディブ行きは地元の福岡空港国際線からの出発としました。
福岡空港国際線ターミナルは国内線ターミナルとは独立したターミナルで、コンパクトな造りは初めて
訪れたひとでも迷う事は少ないと思われます。

空港が近いっていうのは、ホントに助かります。
特に、国際線ターミナルは自宅側とういか、滑走路の西側に位置しているので更に近くて便利。
福岡空港は移転問題があって、地元アンケートなんかを募ってましたが、結局移転せずに現場所に滑走路を
増設することで結論付けたようです。
d0079432_21201768.jpg





d0079432_21263398.jpg

   ↑ ↑ こちらは福岡空港 ↑ ↑

d0079432_21292494.jpg

今回乗ったシンガポール航空「A330」

機内の設備も進化しています。
モニターの大型化、USB端子、AV端子・・・
画像とは無関係ですが、わたしは映画のGANTZを視聴しました。

d0079432_2130108.jpg

乗り継ぎのターミナルであるシンガポールのチャンギ国際空港
とにかく広大な施設。あるけ、歩け!
d0079432_21304176.jpg
d0079432_21304962.jpg

歩くのがイヤな方、時間がない方はこちらへ ↓↓。
d0079432_2131040.jpg

現地到着は今しばらくお待ち下さい(笑)

■ PENTAX K200D
 ● SIGMA 17-70mmF2.8-4.5 DC MACRO

■ Panasonic DMC-FT3(機内の写真のみ)   
[PR]

by sonic813ao | 2011-08-16 21:42 | 南の島【Maldives Island】 | Comments(6)
Commented by ps_for_you at 2011-08-17 10:06
おかえり!!
楽しかったみたいだけど、お話は追々ですね!

いや~人のことながら、旅行記を読んだりするのは面白い。
それも知らない人だったら「へぇ」くらいだけど、知ってる人だと余計面白い。
え、知ってる人じゃないって?知ってる人ですよん(笑)

空港でも面白いんだから、現地到着したらもっと楽しいだろうなぁ。
続きを待ってます!
たくさんの写真に埋もれて大変だろうけど(笑)
Commented by yodogawasyuhen at 2011-08-17 23:00 x
こんばんは
モルディブへ行かれたようですね。
青い空がと青い海が楽しみです。
シンガポールまでは都会ですからこれからですね。
Commented by sonic813ao at 2011-08-20 02:16
【ps_for_you さん】
ホントに「ただいま!」って感じで帰ってきました。
年をとるに連れて長時間飛行機に乗る事が辛く感じてきました。
シンガポールのチャンギ国際空港は鉄好きの私でも楽しめる空港です。
4年前に来た時より、たださえ広大なターミナルがさらに拡幅されてパワーアップしていました。
多分ここで300回はシャッター押してます。
Commented by sonic813ao at 2011-08-20 02:19
【yodogawasyuhen さん】
4年ぶりのモルディブは楽しさと疲れ両方の戦いでもありました。
30代の頃はもっと楽しんでいたんですが、長時間の旅は年齢との戦いでもあります。
海の写真は後日アップしますよ~!!
Commented by yamataka at 2011-08-22 12:19 x
こんにちは~♪
モルディブ旅行、お帰りなさ~い!
コメントが遅れてしまってすみませんでした。
写真の整理が大変だと思いますけど、続きも楽しみにしていますね♪

シンガポールの空港、さすがアジアのハブ空港といわれるだけあって
広大ですね~
3年前に行った韓国の仁川空港もバカでかかったのを覚えています(笑)
Commented by sonic813ao at 2011-08-22 23:22
【yamataka さん】
福岡に着いて「ただいま~」と自分で言ってしまった。
機内での長時間の着席は辛いものがありました。

マーライオン=シンガポールというより、チャンギ=シンガポールの方のイメージがわたくしの中では、しっくり来ます。
日本の成田は今更ながら失敗ですね~。


<< 2011モルディブ渡航記Ⅱ 「...      南の島への準備 >>