しゃしんとスクーター 【 Photograph & My scooter 】

sonoc813ao.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 20日

2011モルディブ渡航記Ⅲ 「Changi AP → Male AP → Hanimaadhoo AP」そしてリゾート到着

d0079432_15294977.jpg

チャンギ空港第2ターミナル。
20:45発 MALE行き SQ452便に乗ります。
なぜか「HANEDA」だけ表示がひらがな?



d0079432_153063.jpg

シンガポール発は 20:45
マーレ空港へと向かいます。
この時の日本との時差はまだ1時間(日本時間21:45)

機内食はカレーでした。
味付けは日本人向けで、ココナツは入ってなかったですね~。
なぜか福神漬け入り(笑)
d0079432_1530219.jpg

5時間でモルディブ共和国・マーレに到着。
お馴染み、マーレ空港は飛行機から直接 → ターミナルまで歩きます。
d0079432_15351048.jpg

d0079432_1603814.jpg

入国審査を終えて ↑ ↓

国内線に乗り換え、モルディブの最北の環礁のハニマドゥ空港へ向かいます。
ここでは荷物と一緒に人間も体重測定071.gifをされます。
1人で200㎏を超えると別料金となるそうです。

23:40発で、約60分の旅です。
日本との時差は4時間です(日本時間翌3:40)。
d0079432_15401851.jpg

ハニマドゥ空港の到着時間は日付が変わり8月11日の午前1時となりました。

ここから徒歩で岸壁まで徒歩で3分くらい移動。
あまりに暗かったので写真はなしです。

さらに、港からスピードボートで約20分かけて島に行きます。
d0079432_1540274.jpg

   ↑ ↑ こちらはハニマドゥ空港ターミナル ↑ ↑


リゾート到着
今回は「ロビンソンクラブ モルディブ」です。
ドイツ資本のホテルです。
到着が夜中にも関わらず、素敵な軽食が準備してありました!
d0079432_15404924.jpg
d0079432_1541361.jpg

時計を見ると2時00分(日本時間6:00)。

この日私は夜勤明けで直接会社から福岡空港へ向かいました。
7:00に職場を出発、西鉄バス → 福岡空港 →シンガポール(チャンギ空港)→ マーレ国際空港→ ハニマドゥ空港 → ロビンソンクラブと23時間かけてやっと到着。
実際は空港内の連絡バスに乗ったりとか徒歩連絡なんかもあるので結構ヘビーでした。
リゾートに疲れに来た!?(爆)

シンガポールのチャンギ空港から一気にロビンソンクラブ モルディブまで紹介しましたが、実際の行程は結構しんどかったです。
前回のフィリティオリゾートとその前のミリヒリゾートはマーレ空港に到着後、すぐに空港近くのホテルに宿泊し翌朝にリゾートに渡っていたのですが、便の運行の関係で乗り継ぎをすぐにしなければならない事情があった訳です。

夜食のサンドとフライドポテトを軽く食べ、ベッドへダイブしました(笑)
青い海は夜明けまでお預けです。

■ Panasonic DMC-FT3
■ PENTAX K200D (2枚目のみ)
 ● SIGMA 17-70mmf2.8-4.5DC MACARO
[PR]

by sonic813ao | 2011-08-20 15:33 | 南の島【Maldives Island】 | Comments(4)
Commented by yodogawasyuhen at 2011-08-20 22:03 x
こんばんは
23時間ですか。
タフですね。
翌日からのんびりできたようです。
Commented by yamataka at 2011-08-22 12:25 x
こちらにも~(笑)

ようやくモデルディブに到着ですね!
なるほど、片道23時間ですかぁ、娘がもう少し大きくなるまでは
モルディブはおあずけかなぁ(笑)

いよいよ翌朝からはリゾート満喫ですね!
Commented by sonic813ao at 2011-08-24 00:31
【yodogawasyuhen さん】
長旅が身体に堪えるようになりました。
2ヶ月前にぎっくり腰を発症しそれ以来、どうも疲れやすい身体になったようです。
じっとしているのもきつい、動きすぎてもきつい。
年齢を感じます。
Commented by sonic813ao at 2011-08-24 00:36
【yamataka さん】
ありがとうございます。
旅の行程は楽しいはずなんですが、連続移動が長いと身に浸みます。

息子が4歳になるまでは、遠方への旅行はやめていました。
温泉も3歳くらいまでは、控えた方が良いようです。
それがお互いのためだと思います。


<< 2011モルディブ渡航記Ⅳ 「雨季」      2011モルディブ渡航記Ⅱ 「... >>